Home > 開発 > NFSの設定とトラブル

NFSの設定とトラブル

  • Posted by: タムタム
  • 2008年3月29日 09:47
  • 開発

  • Tags: Linux NFS

Linux(UNIX)でネットワーク上にあるファイラーをマウントするときはNFSを使います。ちなみにWindowsから見たい場合はSambaを使います。NFSとSambaの違いは、、、NFSはメッセージ単位でやりとりするのに対して、Sambaはファイル単位でやりとりをする事ですかね。

というわけでファイルサーバにあるディレクトリを別のサーバにマウントしてみたいと思います。

○tamsvr01
 ファイラー(1.5TB)
 FedoraCore5

○tamsvr02
 FedoraCore8(64Bit)

まずはtamsvr01(ファイラー)の設定
nfsのサービスが入っているのでそれを使います。

/etc/exportsの編集
書式は以下のようになります。 rwで設定していますが、roにすれば読み込み専用になります。

共有するディレクトリ    公開先(書き込みの可否)
/share/share2/nfs 192.168.1.0/255.255.255.0(rw)

サービスを有効にします。 

chkconfig --level 345 nfs on
/etc/rc.d/init.d/nfs start

次はtamsvr02の設定です。

mount -t nfs tamsvr01:/share/share2/nfs /share/share2

自動的にマウントしたい場合は/etc/fstabに設定の追加をする

tamsvr01:/share/share2/nfs  /share/share2   nfs defaults

次はトラブル系です。
書き込みができなかったので、 umountしたらdevice is busy。ls /share なんてやっても帰ってこなくなりました。その解決策としては、tamsvr01(共有元)の/etc/exportsから対象の記述を消してreloadなりrestartなりします。そしてumountします。これで何とかなりました。
あと、UIDとGIDの同期が取れてないといけない? 最初から同期とっているので分かりません・・。

http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/NFS-HOWTO/server.html
http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/NFS-HOWTO/client.html

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
NFSの設定とトラブル from タムタムの日記

Home > 開発 > NFSの設定とトラブル

Search
Feeds

Return to page top