Home > 日記2012後期 | 開発 > Apacheのサンプルログを生成し続けるスクリプトをRubyGemsに登録してみた

Apacheのサンプルログを生成し続けるスクリプトをRubyGemsに登録してみた

こちらの記事で書いた、Apacheのログを生成し続けるスクリプトをRubyGemsに登録してみました。

なので、今後は

gem install apache-loggen

とインストールするだけで、

apache-loggen

というコマンドが使えるようになります。使い方は今までと同じです。(以下のような感じです) 

apache-loggen [--rate=0] [--limit=0] [--rotate=0] [--progress] [--json] [outfile]
  --rate     毎秒何レコード生成するかの指定。0以下は制限無し。
  --limit    最大何件出力するか。0以下は延々と出力し続ける。
  --rotate   ローテーションの間隔。単位は秒指定。0以下はローテーションしない。
  --progress STDERRに経過情報を出力する
  --json     apacheのログ形式ではなくJSON形式で出力する

  outfile    指定するとファイルに出力します。省略するとSTDOUTに出力します。

毎秒10件をaccess.logに出力。60秒毎にローテーション。経過をSTDERRに表示。

apache-loggen --rate=10 --rotate=60 --progress access.log

また、この機構を使って独自のログ形式を出力できるようにしました。 以下のように使います。

require 'apache-loggen/base'
LogGenerator.generate(conf=nil, gen_obj=nil, &block)

confはnilを渡すとARGVの内容をパースします。プログラムで直接指定する場合は、Hashを渡す事でデフォルトの設定を上書きする事ができます。実際にログを出力する処理は、gen_objにLogGenerator::Baseを継承しgenerate(context, config)メソッドを定義したクラスのインスタンスを渡すか、ブロックを与えます。両方指定した場合は、gen_objが先に実行され、blockが評価されます。(blockではgen_objで出力したrecordを受け取る事ができます)

いくつかサンプルを置いておきます。

独自のログ形式を出力したい場合。

require 'apache-loggen/base'
class MyGen < LogGenerator::Base
  def generate(context, config)
    return "#{Time.now.to_s} #{context.inspect}\n"
  end
end
LogGenerator.generate(nil, MyGen.new)

もしくは

require 'apache-loggen/base'
LogGenerator.generate do | context, config, record |
  "#{Time.now.to_s} #{context.inspect}\n"
end

上記の2つは同じ処理です。

Apacheログに新しく情報を追加したい場合。

require 'apache-loggen/base'
class MyGen < LogGenerator::Apache
  # オリジナル実装はhashをJSONか1行の文字列にしているが
  # 今回はそれに情報を追加する
  def format(record, config)
    record["process_time"] = grand(1000000) + 1000
    if config[:json] then
      return record.to_json + "\n"
    else
      return %[#{record['host']} - #{record['user']} [#{Time.now.strftime('%d/%b/%Y:%H:%M:%S %z')}] "#{record['method']} #{record['path']} HTTP/1.1" #{record['code']} #{record['size']} "#{record['referer']}" "#{record['agent']}" #{record['process_time']}\n]
    end
  end
end
LogGenerator.generate(nil, MyGen.new)

LogGenerator::ApacheはLogGenerator::Baseを継承しており、generateの中でformatを呼び出しています。このformatの実装が、1行分のレコードをhashとしてうけとりJSONか1行の文字列に変換するという処理をしているので、これをOverrideするとApacheログの生成ロジックを使いつつ書式を変更する事ができます。

いくつかのサンプルはREADMEにも書いてあります。

(∩´∀`)∩

 

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
Apacheのサンプルログを生成し続けるスクリプトをRubyGemsに登録してみた from タムタムの日記

Home > 日記2012後期 | 開発 > Apacheのサンプルログを生成し続けるスクリプトをRubyGemsに登録してみた

Search
Feeds

Return to page top