Home > 日記2012前期 | 開発 > HiveのUDF一覧を自動生成してみた

HiveのUDF一覧を自動生成してみた

発熱でDOWNしているタムタムです。
インフルエンザのようなすごい高熱というわけでもなく、プリン食べて家でしょぼーんとしてます。

今回はHiveのUDF一覧を自動生成してみました。(Hive0.8)
http://mt.orz.at/archives/hive_udf_0.8.html
(追記) Hive0.8用はURLを変更して、こちらにtrunk(rev1293519)のバージョンを起きました。

reflect関数とかWikiには載っていないと思います。
builtinと書いてあるやつはFunctionRegistryのstaticイニシャライザで関数登録しているやつです。Alias名がある関数はそれぞれ1つの項目に作ってあります。

作り方は至ってシンプルで、UDF関数はDescriptionというアノテーションが定義されています。desc function xxxxという構文で表示される説明は、このアノテーションの情報を表示しているだけです。というわけで、SpringFrameworkのClassPathScanningCandidateComponentProviderを使ってClassPath中のDescriptionアノテーションが定義してあるクラスを取得して情報を拾っているだけです。

こんな感じです。

ClassPathScanningCandidateComponentProvider scanner =
        new ClassPathScanningCandidateComponentProvider(false);
scanner.addIncludeFilter(new AnnotationTypeFilter(Description.class));
Set<BeanDefinition> beans = scanner.findCandidateComponents("");

取得したBean定義を回して、リフレクション使ってAnnotation情報を取得します。
nameをカンマで区切っているのは、Aliasがある場合はカンマ区切りで入っているからです。あとはdescから情報を普通に引っこ抜けます。

for (BeanDefinition def : beans) {
    Class<?> clazz = Class.forName(def.getBeanClassName());

    Description desc = AnnotationUtils.findAnnotation(clazz, Description.class);
    String[] funcNames = desc.name().split(",");
}

簡単ですね (=ω=)b

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
HiveのUDF一覧を自動生成してみた from タムタムの日記

Home > 日記2012前期 | 開発 > HiveのUDF一覧を自動生成してみた

Search
Feeds

Return to page top