Home > 日記2012前期 | 開発 > Hiveのテスト方法とJIRAチケットの開き方

Hiveのテスト方法とJIRAチケットの開き方

Hiveのチケットを開いてBug報告をしてみたのでその手順をメモメモ。せっかくなのでテストの方法とかも書いておきます。
(チケットの内容はほとんどshiumachiさんに書いたもらったものですけどね(ノ∀`))
shiumachiさん、丁寧に教えていただきましてありがとうございます。

https://cwiki.apache.org/confluence/display/Hive/HowToContribute
Wikiにも書いてあるので、こちらを参考にすると良いと思います。

■ trunkで再現するかの確認について
Eclipseを使ってやる場合は、こちらのページが参考になると思います。 今回は簡単な修正だったのでコンソール上だけで行いました。 trunkを落としてきてビルド、Hiveを起動する手順を以下に書きました。設定ファイルを特に作っていないのでMetastoreはカレントディレクトリに作られます。MetastoreをMySQLに入れるところがーとかを修正する場合は、ちゃんとconfの下に設定ファイルを作って設定しましょう。 (あ、HADOOP系の環境変数は設定済みの前提です)

$ git clone git://git.apache.org/hive.git
$ cd hive
$ ant clean package
$ cd build/dist
$ export HIVE_HOME=`pwd`
$ cd bin
$ ./hive

今回初めてgitを使いました。 Hiveの規模であれば、--depthオプション無くてもいけます。 svnの場合はwikiにある通りに、以下のようにソースを持って来ます。

svn co http://svn.apache.org/repos/asf/hive/trunk hive-trunk

■ソースを修正したらテストをします。
私のPCではテスト全部通すと4時間程度かかりました。

全てのテストを実行する場合は以下のように実行します。テストが終わったらテストレポートも作ります。 テストレポートはbuild/testディレクトリにjunit-noframes.htmlというファイルが作られます。このレポートファイルを見ると、何のテストが失敗したのかと、簡単な情報(例えばExceptionが出ているとか)がわかります。

$ ant test
$ ant testreport

個別にテストをする場合は、以下のようにします。qファイルはフルパスではなくファイル名を指定します。(以下の場合はql/src/test/queries/clientpositive/timestamp_udf.qのテストをしています)

$ ant test -Dtestcase=TestCliDriver -Dqfile=timestamp_udf.q -Dtest.silent=false

なお指定したqueryのテストに対応する正解データは.q.outファイルです。上記の場合は、ql/src/test/results/clientpositive/timestamp_udf.q.outのファイルが正解データとなります。なお、正解データを実行結果で上書きする事ができます。まぁこれ手で正解データ作るのは無理ですw 以下のコマンドで上書きできます(-Doverwrite=trueを追加)。

$ ant test -Dtestcase=TestCliDriver -Dqfile=timestamp_udf.q -Doverwrite=true -Dtest.silent=false

私は今回上記のテストケースファイルに追加する形で対応しました。
テストする時は、上記のように影響があるテストをピンポイントで実行して最後にテストを全部通すと良いと思います。
全体テストは時間がかかるので、並列実行する方法があります。(直列のまま実行する場合は、寝る前に実行すれば良いと思うよ!!)

テストに関する情報は、こちらのWikiのページのTestingの項目が参考になります。
(パッチを投稿する場合)テストが通ったらパッチを作ります。

■パッチの作り方について

パッチの作り方はもHow To Contributeのページに書いてあるとおり、以下のように作ります。 パッチファイルはテキストファイルとして作った方がブラウザで見れるのでその方が良いです。「Appending '.txt' to the patch file name makes it easy to quickly view the contents of the patch in a web browser.」とWikiに書いてありますし、shiumachiさんからもその方がいいよーとの事です。

git diff --no-prefix > HIVE-xxxx.1.patch.txt

■JIRAのチケットをOPENします。

ちなみに、 https://gist.github.com/1797071 これを参考にすると良いよ!
shiumachiさんの添削が載っているので、とっても参考になると思います。
(githubのアカウントもこの時に作ったので、今度からちょこちょこ何かソースアップしていきます。)

実際にOPENする方法は、まずはJIRAのアカウントを作ります。(アカウントの設定でLanguageを日本語に出来ますが、逆にわかりづらくなって発狂するのでEnglishのままのが良いです。(HiveのJIRAのページはここです)
右上のCreateIssueを押して「Hive」「Bug」を選択して「Create」を押すか、その下のCreate: Bugを押します。(下の絵を参照)

20120213_jira_ticket_01.png

Issueの内容ですが、IssueTypeにはBugが設定されていると思うので、他の項目を入力していきます。

Summary: いわゆるタイトルです。
Priority: この項目は以下を参考にします。

Blocker: Blocks development and/or testing work, production could not run
Critical: Crashes, loss of data, severe memory leak.
Major: Major loss of function.
Minor: Minor loss of function, or other problem where easy workaround is present.
Trivial: Cosmetic problem like misspelt words or misaligned text.

Component/s: 対象のコンポーネントを選択します。今回は「UDF」を選択しました。
Affects Version/s: 発生するバージョンを選択します。今回はHive0.8を選択しました。Trunkの場合は選択しないようです。選択されているチケットが少ない気がするのですが、リリースされているバージョンで発生するので、ちゃんと選択してみました。
Fix Version/s: 選択しませんでした。(これはコミッターが後で選択するもの?)
Environment: なんか書いている人が少ない。。Hadoopのバージョンとか書くのかな・・。空欄にしちゃいました。
Description: チケットの内容を書きます。

あとは空欄にしちゃいました。(ノ∀`)

パッチを添付する場合は一度チケットを作ってから添付します。
More ActionsのAttach Filesを選択すると添付できます。

実際に作ったチケットはこれです。
https://issues.apache.org/jira/browse/HIVE-2803

何か作法が間違っていたら追記していきます(・x・;)

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
Hiveのテスト方法とJIRAチケットの開き方 from タムタムの日記

Home > 日記2012前期 | 開発 > Hiveのテスト方法とJIRAチケットの開き方

Search
Feeds

Return to page top