Home > 日記2006前期 | 転職活動 > 私が面接を通過する理由

私が面接を通過する理由

今日は面接が何もないので、新宿か原宿あたりで服を買いに行こうと思ってるタムタムです。
ついでに医龍のサントラが昨日発売されたので、そちらも購入してこよう。
CDを購入するなんて久しぶりです。やっぱり欲しいものはDOWNLOADではなく購入。

さて、タイトルどおり・・・
なぜ私が面接を通過するのかの理由を書いてみたいと思います。
これは面接官のフィードバックと自分が感じた部分を織り交ぜて考察したいと思います。
イロイロ書こうと思ったんですが、メールの内容を転記するのはまずそうなので、やめますw

結果的に、人柄が良い。年齢以上の経験とスキルを持っている。との評価が多かったです。
(裏を返せば、面接の基礎ができていないのは大目に見てくれたっぽいです)
エンジニア職として書いているので、芸術家の職業(デザイナーさんとかプランナーさん)の評価ポイントはわかりません・・・。

なぜそう言う結果が出るのかと言うと・・・。
これは1次面接が人事の人ではなく、技術系の人が担当している事が大きいと思います。
最初に人事からの視点で見られると、私は間違いなく落とされると思います。面接のマナーを守ってませんからw (上司に対する接し方ではなく、社内の先輩に対する接し方で話してます。)
技術系の突っ込みであれば、自分の得意分野に対する突っ込みなので直ぐに斬り返すことができます。場合によっては面接官をバッサリ切り捨t(ry
単純な話し、面接官の技量を上回れば通ります(ノ∀`)(ぉぃ)

後は、受けた会社全てがフリースタイル(服装自由)の会社のため、お堅いイメージの会社ではないのが大きいです。私は姿勢が悪いし(猫背)言葉遣いは上手ではないので、人事面の評価はかなり悪いと思います・・・。就職活動であれば、基本的なことができていないとの評価を受けて不採用にされると思います。

人事面での評価ポイント。
これは企業にもよりますが、年齢によって見られる能力が違います。第二新卒レベルであれば、ポテンシャルが重要視され、三十路あたりの人であれば、スキルやマネジメント経験が問われます。私の年齢は第二新卒あたりなので、ポテンシャルが重要視されているわけですが、それに加えてスキルが三十路レベルの人と同等のものを持っていれば、評価は高くなるのではないかなー・・と。
ちなみに、私はマネジメント能力については全然足りてません。と正直に言ってます。マネジメントをやるためにプログラマーになったわけじゃない!と言いたいところですが、20台前半でマネジメントとか実際難しいですよ。

ここを鍛えれば面接に強くなる?
コミュニケーションスキルの向上。と一言で言っても「は?」と言われそう(ノ∀`)
コミュニケーションスキルと言ってもイロイロあるわけで、
●グループワーク
●マネジメント能力
●ネゴシエーション能力
●プレゼンテーションスキル
●合コンでモテる話術
等々・・・(とあるSEのBLOGよりインスパイアw)。
このうちのプレゼンテーションスキルが重要だと思います。面接では自分をプレゼンテーションするわけで、上手に自分を売り込む事が大切だと思います。今回の面接で、私はプレゼンスキルが足りていないと思いました。"相手の言いたいことを汲み取ってわかりやすい言葉で説明してくれる"能力に長けている人と面接をし、「こういう事ですよね?」と助けて貰いました。

口調が単調になるのは良くないと注意されました。
単調は確かに良くないです。
ここは絶対に言いたいことは、強調して言うし。会話にもメリハリを付けます。

面接官の質問に対しては、「結論を先→それを裏付ける理由」という感じで答えます。

無言の時間を作らないこと。
指示待ちになると、受動的な仕事な仕事しかできないと思われる?

枠にとらわれた仕事はしたくない。
私は「このポジションだからこれしかやっちゃダメというスタンスは嫌です。」とはっきり言ってます。
これはエンジニアがデザイナーもやるという事ではなく、エンジニアとしての業務領域の幅を言ってます。
触ったことの無いモノは触ってみたいし、やっても良いなら他の仕事もやってみたい。プログラマーだからネットワークの調整やDBまわりをやってはいけないというのは嫌です。自分にスキルがあればいろいろなモノに手を出したい。と、どの面接でも言ってます。
(私の長所で「好奇心が強い」という部分に結びつけてます)

エンジニアだけど、仕事に慣れたら企画にも口を出しますよ!(`□´)
企画はトップダウンからの提案をする。
エンジニアはボトムアップからの提案ができる。
人と同じ角度で物事を見ると、同じものしか見えません。違う角度から見ると、違うものが見えるかもしれません。だから私はエンジニアの視点から、違う角度で切り込みを入れますよー。と面接で言ってます。

 

いやよ いやよ いやよ 見つめちゃイヤー(/ω\*)
ハニーフラッシュ!(。・ω・)ノ*

Comments:2

Comment Form
てん 2006年6月 8日 22:01

今朝、コメントを見てかなり勇気付けられてから面接行ったのですが…、尿~~~!!!!考えていた半分も言えませんでした。。。なんとも言えぬ敗北感ですorz・・・
ワイン1本空けました。これから医龍観ます。。。
いろいろと、(勝手ですが)ありがとうございました。
万が一、良い結果であれば、またご報告致しますが。。。消えたらそれまでと思ってください。。。

たむたむ 2006年6月 8日 23:08

うーん・・・(´・ω・`)
私のBLOGを見てもわかるように、私も敗北感が強い面接が沢山あります。
言いたいこと言えなかった事もあります。
特にス○○ニさんは1回も志望理由を聞かれなかったので、面接終了後に私が勝手にしゃべりました・・・。

どの職種で応募されたのか分かりませんが、ここはネバーギブアップ制度というのがあるらしいので何回でも挑戦できるみたいですよ。作品提出が求められた職ならば、てんさんの作品を認めたから面接にとなったわけですし、それは大きな自信になると思います。

何回も面接をすると、勝手に口が動くようになります。
どうでも良い会社で練習するというのもありかもしれません・・・。実際私はそうしてました(ぉぃ)

これからもちょこちょこ見に来てください(o^∇^o)
良い結果が出ますように(o*。_。)o

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
私が面接を通過する理由 from タムタムの日記

Home > 日記2006前期 | 転職活動 > 私が面接を通過する理由

Search
Feeds

Return to page top