タグ「libtoolize」が付けられているもの

libaacplusをビルドしていて気がつきました。

親ディレクトリか親の親ディレクトリにinstall.sh が存在すると、libtoolize -cltmain.sh がコピーされません。
以下確認した履歴です。

なお、環境はCentOS6.4でlibtoolizeのバージョンはlibtoolize (GNU libtool) 2.2.6bです。

libaacplusの場合、./autogen.shを実行するだけで良いのですが、今回はlibtoolizeに原因があることを確認するために手順を変更しています。

正常な場合

mkdir -p /a/b/c/d/e
cd /a/b/c/d/e
wget http://217.20.164.161/~tipok/aacplus/libaacplus-2.0.2.tar.gz
tar zxvf libaacplus-2.0.2.tar.gz
cd libaacplus-2.0.2

libtoolize -c
libtoolize: putting auxiliary files in `.'.
libtoolize: copying file `./ltmain.sh'
libtoolize: putting macros in AC_CONFIG_MACRO_DIR, `m4'.
libtoolize: copying file `m4/libtool.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltoptions.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltsugar.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltversion.m4'
libtoolize: copying file `m4/lt~obsolete.m4'

駄目な場合(親にinstall.shがある場合)

mkdir -p /a/b/c/d
cd /a/b/c/d
touch /a/b/c/d/install.sh
wget http://217.20.164.161/~tipok/aacplus/libaacplus-2.0.2.tar.gz
tar zxvf libaacplus-2.0.2.tar.gz
cd libaacplus-2.0.2

libtoolize -c
libtoolize: putting macros in AC_CONFIG_MACRO_DIR, `m4'.
libtoolize: copying file `m4/libtool.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltoptions.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltsugar.m4'
libtoolize: copying file `m4/ltversion.m4'
libtoolize: copying file `m4/lt~obsolete.m4'

ltmain.shがコピーされませんでした。

親2階層分まで見るようなので、以下の構造の場合は c/install.sh, d/install.sh が存在すると駄目でした。

/a/b/c/d/libaacplus-2.0.2

こ、こんなん分かるわけないよ(;´Д`)
これにハマってかなり時間を取られたので忘れても大丈夫なようにメモメモ。