Home > 日記2009後期 > Solaris10にIntelのPWLA8391GTを載せてみた

Solaris10にIntelのPWLA8391GTを載せてみた

SolarisはなかなかめんどくさいOSですねぇ。自動認識でセットアップしてくれぬ。結構戸惑いましたが何とか認識させる事ができました。

蟹チップをFreeNICDriversForSolarisで動かしていたので、まずはこれを退避します。

mv hostname.rf0 _hostname.rf0
mv hostname6.rf0 _hostname6.rf0

/etc/driver_aliasesに以下の行を追加する。

e1000g "pci8086,1376"

次回起動時に自動的にデバイスの再構成を実行させる

touch /reconfigure

というわけで一回再起動します。

shutdown -y -g0 -i5

/var/adm/messagesに次のようなログが出ていれば認識に成功しています。

ホスト名 e1000g: [ID 766679 kern.info] Intel(R) PRO/1000 Network Connection, Driver Ver. 5.2.

この段階ではifconfigには出てきません。 次のコマンドを打ちます。

ifconfig e1000g0 plumb

/etc/hostname.e1000g0と/etc/hostname6.e1000g0を作成します。前者はホスト名を中に後者は空です。

echo "ホスト名" > /etc/hostname.e1000g0
touch /etc/hostname6.e1000g0

ここで再起動してNICが自動構成でONになっているかを確認しておきます。

次はジャンボフレームの対応です。

/kernel/drv/e1000g.confを修正します。

(変更前) #MaxFrameSize=0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0,0;
(変更後) MaxFrameSize=3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3,3;

/etc/hostname.e1000g0を変更する(16Kは大きすぎるので9000に変更)

echo "ホスト名 mtu 9000" > /etc/hostname.e1000g0

こんな感じで認識させることができました。インストール時に刺しておけばプライマリネットワークインターフェースとして色々と構成してくれるのかもしれません。

 

今回、ものすごく参考になったページは以下です。感謝ヽ( `・ω・´)ノ

http://jp.sun.com/communities/0603/feature02.html

Comments:2

Comment Form
samai 2009年7月11日 22:21

linuxで蟹さんチップで苦労したとか、kernel2.2とか2.0の時代ぐらいだったか。
Solaris最近使ってかなり好きになってるけど、ドライバとかハードウェアの認識とかに関してはlinuxのがやりやすいな。
3wareのSASのRAIDカードもドライバ落としてこないと駄目だったので、インストール面倒だった。
ちなみにlinuxだと3ware-9xxxxのドライバモジュールがあるので、インストーラで認識済みだったお。
そして今OpenSolarisをPXEネットワークインストール準備中('A`)

タムタム 2009年7月12日 00:18

確かに今のSolarisのデバイス認識はredhat6時代のレベルな気がします。
Linuxの認識率が高いのは単純にデスクトップとしての用途が多いからだと思います。デスクトップ用途なのにそこら辺のLANアダプタが認識しなかったら使い物にならないですからね。

なんかよく分からないですけど、失敗してデータセンターに直行して電源ボタンを押す事になるのをキボンヌ。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
Solaris10にIntelのPWLA8391GTを載せてみた from タムタムの日記

Home > 日記2009後期 > Solaris10にIntelのPWLA8391GTを載せてみた

Search
Feeds

Return to page top