Home > 日記2008前期 > 年始のご挨拶と大掃除奮闘気

年始のご挨拶と大掃除奮闘気

どーも、タムタムです。
良いお年をー。とか書きたかったのですが、12月30日(日)に帰省したのでBLOG更新できませんでした。
今年もご迷惑をかけると思いますが、よろしくお願いいたします。

みんな最近BLOG更新してないけど、何かゲームやってるのん?(´・ω・`)

今年の抱負とかは後回しにして、帰省した理由は実家の大掃除のためです。
そりゃーもう、のだめの家のようにひどい家でして・・・、何回言っても片付けるというか捨てるとう行為ができない母親なので。

うちの母親と父親は仲が悪いので、一緒に片付けをさせるとすぐ喧嘩をするんです。なのであまり近づけさせないで父はXXを掃除すること!兄はこれ!母はここをやること! として、私は母の監視。というのも監視してないと何でも取っておこうとするので・・。
あとは片付け方を教えながら、「これはいらないでしょ?」という事を論理的に説得。
まぁ母親相手になら理論武装しなくてもすぐに説得できますですよ(´・ω・)

父が余計なことをするので、「今回の掃除は綺麗にすることじゃなくて、物を捨てるための掃除でしょう?」と一蹴。
言われたことをやれっ!ヽ(`Д´)ノ

私は不要な本や中学校や高校のテストや教科書を処分。
大事なもの保管用ダンボールを一つ用意して、そこに必要な絵とか作品は保管するようにしました。
あとは学校のパンフレットなども結構出てきました・・・。捨ててなかったのか。

私のテストや成績表を見て、受験の話などになる。
私は勉強しろと言われたことがないので(1回だけあるけど)、兄は親に毎日のように勉強しろと言われていた。
ということで、今回はそのことについて聞いてみた。もう昔話だしね。まとめると、
親は最初の受験だったから、どうして良いかわからなかった。だそうで。
兄は毎日が嫌で家に居たくない。 だそうで。

2番目は楽だなぁー(*´σー`)

私は学校は好きなところ行けばいいんじゃない?と思っているのでけっこう適当でした。
で、好きなところ行くなら成績良いほうが選択肢広がるからとりあえず県内TOPの高校入れる学力を維持してればあとはてきとーでいいやと。

幼稚園のころは、不可解なことで泣いたりしたそうで。よくよく話を聞いてみると、常に先の事を考えているということだったらしいです。
幼稚園で何処かに行く → 帰りにいつものバスが来ない → バスが来ない → もう帰れない → ヽ(`Д´)ノウワァァァン
自分でも良くわからないw

これからは受験の時期ですね。受験生は適当に頑張れー。
前の記事でも書いたと思うけど、高校受験では、
先生「本当にこの学校で良いんですか?! もっと良い学校行けますよ?」
私「普通科行ってもつまんないし、将来XXやりたいたいからこの学校が(・∀・)イイ!!」
親「行きたいところに行かせるので良いです」
先生「この歳でやりたいことが決まっているって珍しいですね」
(何をもって"良い"と判断しているって偏差値じゃねーかYO)

大学受験は適当でした。
都内で働きたかったので首都圏内の大学へ。でも東京怖いので隣の神奈川で。
という感じでした。このときも上と同じようなやりとりをしたと思います。

と話は戻って、大掃除なんですが、これがもう大変でして・・。
とりあえず帰ってから毎日掃除しました・・・。
最後は父の行動にむかついたので、「もう知らん。あとは自分たちでやれ!」とさじを投げましたけど・・。

1月4日に帰りました。
帰省して掃除とFF4しかやってない!!!

Comments:2

Comment Form
鮎ウマー 2008年1月13日 18:20

あぁ俺も長男だったから家に痛くないほど勉強だなんだとうっさかったなw
同じように妹はテラ放任されてたが。

今でもそれが軽くコンプレックス

タムタム 2008年1月16日 23:34

激しくうちと同じ環境にワロタw
ちなみに兄はどっかの企業の研究者になりたかったみたいです。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
年始のご挨拶と大掃除奮闘気 from タムタムの日記

Home > 日記2008前期 > 年始のご挨拶と大掃除奮闘気

Search
Feeds

Return to page top