Home > 日記2007前期 > 無責任な激励の言霊

無責任な激励の言霊

(会社違うけど)同業者のきるごあ先生をリンクに追加しました。
技術おたく友達(σ・∀・)σゲッツ!!

たまには真面目な事を書いてみよう。
いつも真面目な事を書いてるけど、久しぶりに真面目な事を書いてみよう。

よく「頑張れ」って言葉を言う人が居ますよね。
何気なく頑張れって言うけど、状況によっては相手に追い打ちをかける事になるわけでして。
言うまでも無く末期患者の人に言うと、「何を頑張れって言うんだ」って思われるでしょう。でも、今回は職場のケースで考えていきたいと思います。

部下を持っている人、後輩を持っている人、マネジメントをしている人。まぁ様々ですが、明らかに頑張っている人に「頑張れ!!」って言うのは筋が違うと思うのですよ。言うのは簡単だけど。
その人が自分で努力が足りないと自覚しているのであれば、鶴の一声になるかもしれませんが、「おいら頑張った!!」と思っているのに、「頑張れ!!」なんて言われたら、もっと頑張らないとダメなの?なんて思いませんか? 特に精神的にきちゃっている状態で言われると、かなりずっしり来る言葉だと思うのです。

頑張り過ぎている人には「頑張りすぎ。もっと適当にやろうよ。」と言えるくらい余裕があると良いですね。

 

前の職場の話になってしまいますが、頑張って設計をして躓いてた人が居て、「お前は出来るからもっと頑張れよぅ!!」って言ってた人が居ました。例えば進捗の遅れが出たとして、それの解決策が「頑張れ」はマネジメントとしては不適切であり、たとえその人の能力が足りなくて遅れていても、その解決策はベターではないと思います。
進捗遅延の原因を見極めて、マイルストーンをずらすなり他のリソースを割り当てるなりするべきです。まぁそんな余裕は無いからそうなってしまうのかもしれませんがね(;´∀`)
余裕が無くても精神的に追いつめないようにしましょうね(゚∀゚)v(゚∀゚)vニパッ

 

ところで、くれみーの会社のタイムカードの話ですが、
社員が100人居て、手書きだと1日で5分ほど手間を取るとします。
集計も手計算になるともっと時間かかります。

さて、この5分がどれくらい響いてくるかと言うと・・・
100人 * 5分 = 500分
会社が人件費として払うお金 時給4000円とします。
※これは会社の税金込みの金額ですので、社員の手取り計算ではありません。
なので1日あたり4000円 * 500 / 60 = 33333円 * 20日 = 66万円。
1ヶ月66万円の経費がかかってしまいますよ・・。
1分だとしても1ヶ月で10万円の経費ですよ。
費用対効果を見極めて対応したいですね(´-ω-)

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
無責任な激励の言霊 from タムタムの日記

Home > 日記2007前期 > 無責任な激励の言霊

Search
Feeds

Return to page top