Home > 日記2006後期 > WhiteColor Exemption

WhiteColor Exemption

日本語に直すと、残業代不払い法案

MSNのニュースより引用。
WhiteColorExemptionとは。
労働基準法に基づく労働の時間規制(1日8時間など)を除外し、成果などを基に賃金を支払う制度。米国の制度をモデルにしており、年収など一定の要件を満たす管理職一歩手前の企画、研究職などホワイトカラー労働者を対象に導入を検討。本人の裁量で、例えば繁忙期には連続24時間働き、そうでない時は1時間勤務も可能になる。一方、時間規制がないため、どれだけ働いても残業代は一切支払われない。米国では当初、高所得者のステータスシンボルのように扱われたが、現在はファストフード店の副店長レベルまで適用範囲が拡大されている。

裁量労働と何が違うのでしょうか・・・。
上場企業の殆どはお上に逆らわず、また逆らってもすぐに指導が入るので、だいたいはルールに乗っ取って適用されていると思います。(うちの会社も指導入ってるしね)
一部の中小企業なんかは、曖昧に定義されている法律を会社都合の解釈にするので、質が悪い。
「導入する際には労使が話し合って決めることになっており問題はない」
この考えは素人以下の考えです。
労使が話し合って?
一部の企業は話し合いなんてしませんよ。
日本の三権分立がバグってるように、労働組合すらない一部の中小企業は労使の関係もバグってるんですよ。労働者代表が代表の身内であってり、代表寄りの人間である場合、話し合いなどもせず勝手に事が進んで行き、勝手に合意がなされたことになっています。
T社がN社が社名変わったと同時に説明なしに裁量のない裁量労働に変わってたりとかね。

選択肢が増えたと思えば良いというのはおかしな考え方で、そもそも裁量労働と何が違うのかと問いたい。
ちなみに、うちの会社は完璧ではないにしろ、そこそこ裁量労働だと思います。
規程の説明の中に、1時間出勤して帰宅しても8時間労働したと見なす。と書いてあるので。
査定に響くかもしれませんが・・。

この法案は、「仕事と生活のバランスを実現する」と言っておきながら、労働者に優しくない法案ですね。
残業代で稼ぎまくっている人も一杯いるだろうに。
トップマネジメントグループがバカの巣窟な会社に勤めている人は悪用されないように注意ですね・・・。
注意してもどうしようもないですが。

安倍総理の支持率も落ちてきましたねー。
解散したら再当選しなさそうだw
過去の統計によると、政治モデルが小泉の場合は、サプライズを引き起こすことによって支持率の回復が発生したが、安倍の政治モデルでは一度下がった支持率は回復しないそうですよ。
まぁ私も支持はしてませんがね。
小泉の支持率は世代別の平均が均等だったそうですが、安倍の場合は定年後クラスの支持率が平均よりも20%ほど高く、若い人の世代では著しく低いそうです。
まぁ若者の支持率なんて人気投票みたいなものですからね。
ちなみに私は安倍は好きではないので不支持です。(別に若者って言ってる訳じゃないからね!!!)
住基ネット使って直接投票にさせて欲しいですね。
なんのために住基ネットなんだ。

ていうかさ、英語なんぞ使わずに日本語で「残業代不払い法案」で良いじゃないか。

残業代とは無縁の私がここまで反対しているんだから、
残業代に関係している人たちは怒り心頭じゃないのかね・・・。

Comments:2

Comment Form
クレミア 2006年12月29日 00:06

現状もらってないからどーでもいいやw

同じビルのUFJの人たちがエレベーターで話してた。

ホワイトカラーがどーちゃらこーちゃら。

くまったくまった言ってた、大変だねー。

たむたむ 2006年12月31日 00:10

銀行員は残業代なんぞなくても30代で1000万超える職種じゃないか!!
問題は裁量を与えないで裁量制を導入する会社だと思うんですよ。そのうち小さい会社でSEがバタバタ過労死するニュースが流れると思うお。

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
WhiteColor Exemption from タムタムの日記

Home > 日記2006後期 > WhiteColor Exemption

Search
Feeds

Return to page top