Home > 日記2006後期 > OracleのテキストGUIツール

OracleのテキストGUIツール

ツールくらいなら公開しても平気かな・・。
OracleのGUIツールにObjectBrowserという便利なものがあるのですが、これはWindowsでしか使えない上に、自分のマシンから接続できるOracleじゃないと接続できないらしい。

ローカルマシン(SSH)→踏み台(SSH)→サーバ(SQLPLUS)→DBサーバ
こんな感じで操作している場合、ObjectBrowserを使うことはできません。
Oracleで標準でついているiSQL(WEBで管理できるやつ)は入れてないっぽいです。
というか、上記の構成の場合どっちにしろ使えないし・・。
w3mとかじゃみれないだろうし。

そんなわけで、テキストGUIで動作するObjectBrowserチックなものを作ってます。
テキストGUIというのは、Linuxのテキスト版インストールみたいなGUIです。
青とか赤でウインドウシステムっぽくなってるやつですです。

誰か知ってたら教えて欲しいものです・・・。
ちなみにOracleの神ツールは、「ObjectBrowser」「osqledit」です。
両方ともお金払わないと使えませんがおすすめです。

ObjectBrowserが4万円くらいで、osqleditが4000円くらい。
特にosqleditのSQLコードの補完機能はすばらしいと思います。

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
OracleのテキストGUIツール from タムタムの日記

Home > 日記2006後期 > OracleのテキストGUIツール

Search
Feeds

Return to page top