Home > 日記2006前期 | 開発 > TemplateServletのエンコーディング

TemplateServletのエンコーディング

Windowsで開発したGroovyのモジュールを、そのままLinuxのサーバ環境にデプロイすると、エラーが発生します。調べてみると、GroovyServletもTemplateServletもエンコーディングを指定していないではありませんか(´・ω・`) マルチバイトの環境下にない人がメインだと、そーいう所はおざなりになっちゃうのね(´・ω・`)

TemplateServletの方はFileReader(file)、GroovyServletの方はGroovyScriptEngineクラスのInputStreamReader(System.in)としているので、それぞれにエンコーディングの指定をかけてあげないと、OSのデフォルトの文字コードで読み込まれるくさい。そんなわけでWindows(SJIS)からFedoraCore5(UTF-8)に持って行くと、文字化けどころか、コンパイルすらできないって事に・・・。オプションでencoding指定をつけてくれてもいいじゃないか!ヽ(`Д´)ノ

GSPの方はencoding指定ができるっぽいなぁ・・。
勝手にコミットしたら怒られるだろうし、ローカルでちまちま修正しよっと(´・ω・`)
開発者とコミュニケーション取りたくても英語わからないよヾ(。`Д´。)ノ彡

ブログを書くならBlogWrite

Comments:0

Comment Form

Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
Listed below are links to weblogs that reference
TemplateServletのエンコーディング from タムタムの日記

Home > 日記2006前期 | 開発 > TemplateServletのエンコーディング

Search
Feeds

Return to page top